スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<

AZ-1とはその2

AZ-1はとにかくクイックなハンドリング特性ばもっとぅ。これは、ビートやカプチーノと比べてもダントツや。LOCK TO LOCK=2.2、即ち、ハンドルば約2回転させるだけで、右いっぱいから左へいっぱいまで舵ばきるこつができるほどクイックばい。ちなみに普通の車はLOCK TO LOCK=3程度であるこつば考えればどげんAZ-1がクイック名ハンドリング特性ば持っとぅかが分かるやろう。
 パワーもそこそこあるたい。排気量こそ小さかもんの、軽い車体のおかげでパワー・ウエイト・レシオは1500ccの車並みの力強さばい。
AZ-1は登り坂ばってん、グングン加速していく力強さば持っとぅ。

AZ-1のボディはオールプラスチックでできとぅ。プラスチックのボディの車げな世界中どこば探しても見るこつはでけん

AZ-1はなんというてもガルウイングばい。あん上に開くはでなドアばい。
カスタムカーなどでは定番のガルウイング仕様であるが、AZ-1では最初からガルウイングやからあるたい。これで目立たなかわけが無い。AZ-1の魅力の一つというてよかやろう。

AZ-1はワイパーが一本しかなか。これは、レース仕様車が一本などはよくある話ばってんが、AZ-1に限ってはもとから一本やからあるたい。

AZ-1のシートはバケットシートが最初からついており、リクライニングもせん。軽でバケットシートがついとぅ車などこんAZ-1くらいやろう。
そして、助手席が極端に狭か。これは、運転席側の半分くらいしかなく足ばまっすぐにのばすこつが出来なかほど狭か。
これほど、助手席のこつば考えておらん車もほかにはなかやろう。まさに、助手席は着いとぅだけといえるしろもんやからあるたい。

AZ-1にはトランクルームがなか。シートの後ろにわずかなラッゲージスペースがあるのみばい。
フロントに若干置くスペースがあるが、ごみなどがすぐに入ってくるために使えっとは言いがたい。
ビートやカプチーノに比べても極端に使い勝手が悪かと。
スポンサーサイト
<

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:

FC2Ad

ネット通販

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。