スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<

カプチーノその他

エンジン

搭載されるエンジンはアルトワークス用に開発されたF6A型3気筒4バルブDOHCインタークーラーターボエンジンば縦置きに搭載し、自主規制値である64馬力発生させるたい。アルミニウムば多用し車重700kgジャスト(K6A型に換装後は690kg)ちゅうライバルよりも軽量ボディーには十分なエンジンで、スポーツカーの資質として十分な性能ば得とった。

価格

普通車と比較しても運動性能面ではかなりの豪華装備であるこつから、価格も145~158万円と言うリッターカークラスの価格ばも上回る金額はばり高価で、軽自動車の基準では手軽に買える車では無くなっとった。

海外での販売

初期モデルは英国でん発売され、英国ではオーナーズクラブ「SCORE」も立ち上がったとよ。また、香港や右側通行のドイツ(ドイツでん右ハンドルのままで販売された)でんオーナーズクラブがあるたい。

チューニングモデル

余談ばってんが、フロントミッドシップのためのロングノーズちゅう事でエンジンルームは軽自動車としてはかなり広か所に目ば付けたあるチューニングメーカーがカプチーノに2Lエンジンば搭載しコンプリートカーとして販売する事ば宣伝した事があり、実際に2リッターDOHCエンジンば搭載させフェンダーば拡張し15インチタイヤば履かせた試作車ば深夜番組で車好いとうな芸能人にインプレッションばさせたが「真っ直ぐ走らせる事自体が難し過ぎる」との一言で途中中断させる事態になったとよ。

そん後、こん車は数台制作され280psば発生させる2300ccコスワース製DOHCエンジンば搭載しとった。

また、同様の点に目ばつけ、マツダRX-7用ロータリーエンジンば搭載したカプチーノもプライベーター・ショップデモカーとして数台存在しとぅ。

スズキ車専門チューナーであるスズキスポーツから『F100キット』なるチューニングアップセット(タービンやプラグがセットになっており、100 馬力へとチューニングできる)が出されたり、ガレージjohnなどんカプチーノ専門ショップがあるこつからも、カプチーノが今も愛されとぅこつがわかるたい。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
スポンサーサイト
<

カプチーノのグレードと購入の際に注意すること

カプチーノの歴史は大きく分けて’95年5月以前の前期型とそれ以降の後期型に分けられるたい。カプチーノ前期型と後期型最大の違いは搭載されとったエンジンで、前期型ではアルミヘッドのF6A型エンジンが、後期型ではオールアルミ製のK6Aエンジンとなっとった。最高出力の64馬力に差はなかったばってん、素材の違いで後期型の方が軽量やったのが特徴ばい。また、F6Aではバルブがベルト駆動やったのに対し、K6A型だとチェーン駆動であったとよちゅう差もあるたい。それ以外の基本的骨格に前期.後期で差は設けられていなかったとよ。足回りは前後ダブルウイッシュボーンで、ホイールは5J×14インチ。ブレーキはフロントがベンチレーテッドディスクで、リアがソリッドディスク。軽自動車で初めてABSが採用されたのはこんカプチーノであったとよこつも注目すべき点ばい。

スズキカプチーノは後期型のオールアルミエンジンのK6A型がよかように思われるが、チューニングベースとしては前期型のF6A型のほうが人気があるたい。
後期型から前期型にエンジンの載せ換えば行う人も少なくなか。これは、前期方のほうがチューニングのメニューが多く馬力も上げやすおっためだと思われるたい。

カプチーノの弱点としては、やはり古い車であるために

ボディのさび

ルーフよりの雨漏り(ゴムパッキンば交換すれば直る)

エンジン

ミッション

実用性

といったとよところやろうか。

特にミッションは調子が悪うなるこつが多かため、あまりに入りにくければオーバーホールばおすすめするし、実際の購入の時点で注意ばしたい。

というても、ホンダのビートに比べれば比較的丈夫な車といえるかもしれなか。

そして、最大の弱点は狭か!!

とにかく狭か。

身長が170cm以上あるならば、かなり乗っとぅだけでキツイ。

足ば思い切りのばすこつができんと、背もたれもそん構造上深く倒すこつがでけんなどと長期間乗っとぅとばり疲れる車ばい。

ばってんが、走りは痛快の一言。

これが軽自動車かちゅう怒涛の加速で100キロオーバーでんらくらく運転できるたい。

また、車体が低かこつからそんスピード感はすばらしくまるでゴーカートにのっとぅごたる気分ば味わえるたい。

さらにオープンにできっとちゅうこつで、これほど楽しさに重きばおおった車はなかやろう。

ばってん、実用性は皆無ばい。

そん性格から、こんカプチーノ一台で日常生活ば補うのは無理があるたい。

スズキカプチーノは2台目の車として、遊び重点での使用に限定するならこれほどすばらしか車はなかやろう。ばってん、贅沢な話であるが

カプチーノ買取相場

カプチーノ 買取査定データ

   買取人気度:★★★★★
   買取人気色:   -

   中古車相場:(こん価格は、買取査定の価格ではなかとです)
            EA11/EA21系 49.0万円 ~135.5万円

   買取相場:(走行距離、車両状態により異なります)
            EA11/EA21系 28.0万円 ~130.0万円


<

スズキ カプチーノとは

フロントエンジン・リアドライブ(FR)ば採用した、軽自動車ちゅう枠のなかでなおかつ現実性ば考慮した上で本気でスポーツば追求したスズキのフラッグシップモデル、いわゆるスーパー軽ばい。1989年の東京モーターショーに参考出品し、ほぼそんままで発売される形となったとよ。

初期の日産フェアレディZにも見られるロングノーズ・ショートデッキと言うスポーツカーの定番スタイルは、FRミッドシップちゅうメカニズムから導き出された必然的デザインであり、軽自動車スポーツカーちゅう枠内でドライバーに適切なドライビングポジションば与えるには最も適したもんでデザイン的にも今見てもすばらしくかっこよか。
クローズドルーフに匹敵する耐候性ば狙ったとよルーフはアルミ製で3ピ-ス構造で取り外せばトランクに収納できる構造ば採用しとった。そして、フルオープン・タルガトップ・Tトップに変える事が出来るのでドライバーの気分次第で様々なクルージングば楽しめたこつも人気のひとつばい。
スズキカプチーノはまた、FRで2シーターちゅうスポーツカー設計に割り切ったとよこつにより(2シーターであってもかなり狭か。大柄な人ではシートに座るこつすら窮屈である)、フロントアクスルより後部にエンジンの重心ば位置させる「フロントミッドシップ」ば実現してフロント51:リア49と言うベストバランスな重量配分ば実現したとよ。
スズキカプチーノはそれと共に、エンジン縦置きによって生まれた左右スペースば活かして軽自動車初の 4輪ダブルウィッシュボーン式サスペンションば採用するなどおったれりつくせりの仕様となったとよ。
また、プロペラシャフトば通す高かセンタートンネルは、巨大な断面積ば持つサイドシルと共に車体剛性の確保ば可能とし、車体の軽量化に貢献したとよ。さらに、ボディーやルーフの各所にアルミニウムば多用し、純正装着品としては日本最軽量ば誇る14inアルミホイールば履かせるなど、オープンカーにもかかわらず最大限の軽量化ば実現し、ハードトップでありながら、ライバルのビートよりもはるかに軽い車体重量ば実現したとよ。
スズキカプチーノのブレーキも4輪ディスクでフロントにはベンチレーテッドタイプば採用し、オプションでABSやトルセンAタイプLSDも装備可能などと当時の装備としては、他の軽自動車はもちろん一般のスポーティーカーなどよりも走行性能の面では高価な作りであったとよ。これは、あんバブル時代やったから実現できたこつであって、現状ではこんごたる車は実現不可能と思われるだけにファンが多か。強いて言えば、ダイハツのコペンが現代のカプチーノといえるやろう。

スズキカプチーノは、1995年にはマイナーチェンジば受け、オールアルミ化されたK6Aターボエンジンと16ビット化された制御用コンピュータば搭載するたい。 当初5速マニュアルトランスミッションのみの設定やったが、こん時のマイナーチェンジにより3速オートマチックトランスミッションも選択出来るようになったばってん、チューニングのしやすさから前期方のf6aエンジンの人気も高か。

1998年10月、バブル崩壊に伴うスペシャリティーカー市場の低迷と軽自動車の規格変更による車種再編に伴い、セルボモードとともに車種整理の対象となり、惜しまれながらも生産ば終了したとよ。

こん時代の車に付けられた「平成ABCトリオ」(az-1,ビート、カプチーノ)ちゅうあだ名が示す様にバブル時代に企画された車であり、そん趣味的なまでに拘り抜おった製品故に普通に見ればセールス的に成功した車とは言えなか。
ばってん、カプチーノは軽自動車ちゅう枠ば除いてもばり贅沢な設計で現在もチューニングベースとなったとより、スタイリングに惚れ込む熱狂的ユーザーも存在するために程度の良か中古車は高値で取引される事が多か名車の中の名車といえるたい。
漫画『頭文字D』でん峠ば攻めるバトルマシンとして登場する等、未だに影響力も持っとぅ。また、前述のABC(az1,beat,capputtino)御三家の中でん生産期間が7年と一番長く、生産中も絶大な人気があったとよと言っても過言ではなか。
<

FC2Ad

ネット通販

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。