スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<

ホンダ ビートとは

ホンダ ビートは本田技研工業が1991年5月15日に発表した、ミッドシップエンジン・リアドライブ・コンバーチブルの2シーターの軽自動車ばい。 ボディ型式はPP1、エンジン型式はE07Aと呼ばれるたい。ホンダ ビート最大の特徴は自然吸気(NA)にもかかわらず、独立3連スロットルと燃料噴射制御マップ切換方式ば組み合わせた吸気システムMTREC(Multi Throttle Responsive Engine Control){これはホンダのシティにも一部使われとぅもんで、そればさらにチューニングしたもんである)により軽自動車自主規制いっぱいの64馬力ば8100rpmで発生すっところがカプチーノやAZ1との大きな違いばい。レッドゾーンは8500rpmと超高回転型のエンジンばい。(そんためか、故障が・・)

ホンダ ビートは秀逸なデザインで剛性の高かモノコックオープンボディ、超高回転SOHC4バルブ横置き3気筒656ccエンジン、きわめてショートストロークに設定された5速マニュアルミッションば持つこつで軽快なフットワークば披露するたい。
四輪独立懸架のマクファーソン・ストラット、前13インチ・後14インチで前後異形サイズのホイールとタイヤ、四輪ソリッド・ディスクブレーキとスズキのカプチーノにも負けなか贅沢な足回りば誇るたい。
ブレーキディスクはトラクションがよくかかる後輪ばメインに大径化されており、そんため前輪と後輪に別サイズのタイヤば使うなどNSXゆずりの本物のミッドシップ設計が取り入れられとぅところがバブル時代ならではばい。なお、軽四で国内初の四輪ディスクブレーキとなったとよ。

カーオーディオ (オプション)も「スカイサウンドシステム」と呼ばれ、速度に応じて音量が上がっとちゅうユニークなもんでオリジナリティにあふれとぅ。また、当初は社外品は取り付け不可やったが、一部の部品メーカーが2DINキットば発売したこつもあるが、現在では入手が難しか。メーターも独立してつくなどばりユニークな作りになっとぅ。

当時の運輸省の反発ばさけるため、スポーツは名乗らず、ミッドシップ・アミューズメント(Midship Amusement)と冠しとった。同年8月に亡うなる本田宗一郎が最後に見送ったとよ四輪車であるのは感慨深い。
バブル時代に企画された軽自動車と言う事で平成ABCトリオ(のB)(AZ-1,ビート、カプチーノ)なども言われるが、皮肉ながら中古市場では生産中止から10年以上経過した現在でん人気が高かスーパー軽の一台ばい。
とはいえ、AZ-1やカプチーノとくらべれば若干割安ではあるたい。

スポンサーサイト
<

ホンダ ビートについて

ホンダビートの弱点についてです.
まず
1.ビートのホロからによる漏水と劣悪な後方視界はつきものでは特にホロは必ず劣化します.
車検のたびとは言わないがそんな考えに変えなければ漏水は阻むことができないだろう.
また, ボディーの劣化による漏水もあると言います.
ビートと言う車は漏水と付き合うことを胸の中に深く刻んでおきましょう. 劣悪な後方視野ですが, ホロによる開閉のためにリアスクリーンがビニール製品になっています.
そんな (意味)理由で, 2年位すると曇って来ます.そして, ほったらかせば後方視野がほとんどゼロになります.
リアスクリーンを定期的に変えるのか, 自ら自作?あるいは堪えましょう.
2.ビートのタイミングベルトについてですが、通常の国産車ではタイミングベルトは 10万キロで交換だと言うことが基準ですが, ビートの場合はその言葉はぴったり合わないです.
ビートのその超高回転型にチューンされたエンジン, それは根本的な対策を施さないでシティの MTERCをチュしただけなので 6万キロ位が限界みたいです.
ビートの中古車を購入する時 , 必ず確認しましょう.
ビートのタイミングベルトが切れれば, エンジンがお釈迦になってしまうからへたをすれば今(もう) 1台ビートが買えちゃいます.
気を付けましょう.
3.ビートのディストリビューター
ビートの初期型のディストリビューターは不良で, 無想交換受けることができます.もし, 対策おしないままにビートに乗ればエンジントラブル等の原因になるから必ず確認をしましょう.
確認の方法としては, 助手席(または運転席だと言う説もある)のドアキャッチのボルトの頭が黒いマジックなどで塗られているのかで明解にされると言いますが, 販売店で分からなければディーラーに確認しておきましょう.
4.拗るとにかくよく壊れる
古い車なので仕方ないが, カプッチーノに比べれば明らかにトラブルが多い.
リアブレーキの固着
エアコンが效果がない(これはカプッチーノもか)
塗装が弱い.ホンダのための塗装がよくはげる傾向にある.要注意.
そして, 古い車なのでボディーのさびに注意.その以外の個所はどうにもなるが, ボディーの交換は不可能だから.
ボンネットとトランクを見てさびがあればパス.
とにかく何台やしつこい位に見てください. ビートに乗ったら, 故障と付き合うほどの感じで.また, 通常の新車の頃を買うことのような位お金がかかることだと考えておきましょう.

 ビート買取相場

ビート 買取査定データ    
 買取人気度:★★★★★    
 買取人気色:   ?    

 中古車相場:(この価格は、買取査定の価格ではありません)            PP1系 39.0万円 から110.8万円    

 買取相場:(走行距離、車両状態により異なります)                PP1系 28.0万円 から103.0万円 <

FC2Ad

ネット通販

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。